サービス業が早期退職なら、自分に合った環境を探す→中途採用する企業も多く活躍の場はある

職業は会社員で職種はサービス業、年齢は44歳の男で勤続年数は10年です。

早期退職が打診される可能性は高い!人間関係が良くないとなりやすい

勤務先の企業は経費削減をするため事業所の統合を進めているため、早期退職を打診される可能性は高いと感じています。

実際に勤務先でも上司から早期退職を打診されている50代のベテラン社員もいるため、人間関係が良くないとなりやすいようです。

近年では多くの企業が余剰人員の削減を行う傾向があり、私自身も来年に45歳になるためうかうかしているといけないと思っています。

私が働く部署で人間関係はあまり良いとは思っていないため、飲み会などに参加してやる気をアピールするようにしないと退職に追い込まれるか心配です。

サービス業は近年では今までにはないような厳しい状況であるため、友人から早く見限って転職を考えるべきだと言われたこともあります。

早期退職が打診されるタイミングは人それぞれですが、現状では今すぐにでもありえるかもしれません。

打診される理由は基本的に年齢に見合うスキルがなくてコミュニケーションが苦手な人が多いですが、私自身にも当てはまるため気が抜けません。

早期退職は企業が転職先を探すために通達するようですが、実際に聞かされた先輩の社員は気持ちの整理がつかないこともありショックを受けていました。

しかし、勤務先の企業の系列会社は事業を削減する動きがあるため、私もそろそろ早期退職を打診されるタイミングになると思っています。

ならないようにする方法は人間関係を良くするなどコミュニケーションをしないといけないため、積極的に飲み会やイベントなどに参加して何とかしているところです。

早期退職を打診されたら家族と話し合う!企業に必要がない人材だと割り切りも必要

打診された場合は頭が真っ白になると思いますが、企業に必要がない人材だと割り切って行動しないといけないと思っています。

私自身もサービス業の経験はアルバイト時代から20年以上ありますが、近年の業界の動向では転職をするためにもそれ相応の能力が必要なため敷居が高いと感じています。

退職金は割増の金額になりますが、私は社員になって10年程度のため厳しいようです。

最近では40代の後半になれば転職は厳しくなりますし、家族を養うために必要な資金が途切れてしまうこともあります。

勤務先の企業は将来の見通しは厳しい状況が予想され、来るべき日になれば安定して稼げる職場を探すようにしたいものです。

早期退職を打診されて決めるまでは意外と時間がないようで、すぐに行動できるように備えないといけないと思いました。

転職は40代の半ばになると非常にハードルが高くなるため、安易に見限ってしまうと後悔することもあり難しいものです。

私が働く職場は人間関係がさほど良いとは限らないため、早期退職が打診されそうなタイミングで転職の準備をすると良いと思っています。

打診された場合は家族で話し合わないと意味がなく、人生でもっとも重要な分岐点になりそうです。

早期退職はサービス業においては打診される可能性がもっとも高く、上司からのプレッシャーにどのようにするか悩んでいます。

このため、事前に仲間と話し合ってどのようにするか考え、人生に後悔をしないように考えたいものです。

早期退職の対策は安易に応じないこと!実際に理由を聞いてから判断すべき

早期退職は勤務先の企業から不要な人材だと思われているかもしれませんが、実際に理由を聞いてから判断すべきだと考えています。

40代の転職は意外とハードルが高いことや退職金の総額もシミュレーションよりもかなり少なくなる場合もあり、安易に応じるとハメられてしまうこともあるようです。

早期退職でも仕事がなくなると収入がストップしてしまうとや、住宅ローンの返済が残っているため厳しくなります。

打診された場合は上司からどのようなことであるか聞いてから今後のことを決めないと失敗しやすく、プレッシャーもありますがじっくり話し合って計画を立てるように考えています。

早期退職になる要因は勤務先の企業の経営状況が悪化するためで、将来性を見込めないと感じたら見切ってしまわないといけないようです。

対策は打診された時に上司に対して状況を聞き、邪魔になる存在であればプレッシャーもかかるためすぐに転職先を探すようにしないといけないと思っています。

退職は中途半端な状態になれば今後の人生を無駄にしてしまうこともあり、10年しか勤務していないと十分に退職金をもらえなくて不安です。

早期退職は安易に応じると不利な条件のまま勤務先を離れ、転職活動に影響を及ぼすこともあります。

退職するタイミングは老後の資金との兼ね合いもあり、家族がいるため自分だけで判断することは難しいものです。

対策は企業が自分自身を必要とするように積極的に仕事に取り組み、やる気があることをアピールするようにしないといけないと感じています。

早期退職はバブル崩壊以降はいつ起きるかわからないため注意が必要で、明日は我が身ということを認識して余剰人員にならないようにしないといけないようです。

職務経験を生かせる職場を探す→新たなことを体験できるようプラス思考になれば活躍できる

私はサービス業で20年以上の経験があり、責任者として働くことを任されると思います。

転職は人間関係がうまくいかないと意味がなくなるため、職務経験を生かして貢献できるように職場を探しコミュニケーションをしやすくすることを考えています。

サービス業は近年では事業所の廃統合が多くなりますが、中途採用で募集する企業も多く早期退職後に活躍できる可能性もあるようです。

ただし、職務経験だけでなくコミュニケーションが円滑にできないと厳しくなり、敷居が高いですが今後の人生を変えるきっかけになると思っています。

転職は職務経験だけでなくリーダーシップが求められる職場が多く、優柔不断な考え方ではなくすぐに即決できるようにしないといけないようです。

サービス業は人員不足の影響で中途採用を募集する企業も増え、自分に合った環境を探せば収入も増えるかもしれません。

転職は新しい職場が決まってスタートする時が重要な時期になり、積極的にコミュニケーションを取れるようにすると良さそうです。

転職先で活躍する方法はスキルアップができる職場を探し、給料が下がってもやりがいを感じて働けるようにすると可能性があります。

近年では終身雇用制度の崩壊で来るべき日が来ることが予想され、心の準備をして働きやすい職場を探せるようにすることが大事です。

転職先は職務経験を生かして貢献できるように決め、新たなことを体験できるようプラス思考になれば活躍できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする