看護師を早期退職したら再び医療系も良いけど→人と接する仕事なら別の仕事も選択肢に

業界は医療業界、看護師、36歳、女性、勤続年数は10年

早期退職が打診される可能性は少ない!AIではできない仕事も多い

医療業界なので、今後仕事はあると思います。

ですので、早期退職が打診されるということは少ないと思います。

ただ、AIなどでできる仕事もたくさんありますし、仕事はもしかしたら減るのかもしれません。

ですが、看護師や意思などは需要がなくなることはありませんし、今のところ仕事に困ることはないです。

実際に転職したときに、すぐに新しい仕事が見つかったので、需要はたくさんあるため、人手不足になることはありません。

実際に今のところ早期退職をしている看護師などはおらず、そういった話は出ていません。

ただ、女性なので、「いつまでは働くか」という話はたまに出ます。

私は今後一生何かない限りは看護師を辞めるつもりはありませんし、早期退職というものは考えたことがありませんでした。

また、私が今後職場から必要にされるかどうかについては、きっと必要にはされると思います。

何故ならAIなどが登場しても、機械で医療の仕事がすべてできるとは思わないからです。

やはり、注射をしたり、患者さんの話を聞くのは人間でなければいけないと思います。

もちろん、AIでもできる仕事は中にはあると思いますが、AIに乗っ取られるという可能性は低いです。

ただ、看護師の仕事は戦争のように忙しいので、AIに助けてもらったら楽になるのではないかと思います。

このように早期退職について私の意見を述べました。

今のところ早期退職ということは考えていませんが、いざ早期退職になったら考えるかなと思います。

早期退職を打診されたら考える!看護師はハードなので続けられるか不安

私がもし、早期退職を打診されたら、考えるかもしれません。

もちろん、今後辞めるということを考えてはいませんが、看護師はかなりハードなのでいつまで続けれるかな?という不安がないわけではないです。

もちろん、年齢が上がったら仕事内容を考慮してもらえるなどあると思いますが、それでも体力面に不安はあります。

ですので、もし、年齢が50歳以上になっているなら早期退職は考えるのではないかと思います。

早期退職をするのはいいのですが、一番不安なのは金銭面だと思います。

老後のお金がないのに、早期退職はできないですよね。

ですので、もし、早期退職を打診するならいきなり言うのではなくて、10年くらい前から言ってほしいです。

前もって言ってくれたら、それなりの準備ができますよね。

ですので、前もって言ってくれるという条件があるのなら、きっと考えるのではないかと思います。

ただ、条件はあります。

私たちの老後はどれくらい年金があるか分からないと言われている世代です。

ですので、退職金は当然必要です。

ですので、退職金が2000万円以上あるなら考えると思います。

もちろん、それ以外にも早期退職する前から貯金をたくさんしなければいけないと思っています。

また、退職後はおそらく正社員などで働くということは考えないと思います。

ですが、もし、条件の良いものがあればパートなら仕事をするかもしれません。

今はいつ年金がもらえるか分からないと言われているので、老後の備えはしっかりとしたいです。

早期退職の対策は貯金!老後に必要なお金を明確に計算する

早期退職は今のところ考えたことがなかったので、何も対策をしていないのですが、もし、そのようなことが持ち上がったら準備をすると思います。

やはり、一番準備をしなければいけないのは、お金ですよね。

貯金を一番にしなければいけないと思います。

今は我が家はお金に困ってはいないので、お金を好きに使っていますし、旅行だって好きに行っています。

ですが、それも控えなければいけないなとは思います。

私はもともと貯金が好きなので、貯金をするのは苦ではありません。

ですので、とりあえず、どうやって生活を切り詰めるかを考えます。

我が家は夫婦で共働きでお互いにいそがしいので今まで家事などはあまりやってきませんでした。

食事ももともと切ってある野菜などで温めるだけ、解凍するだけなど、宅配に任せてしまっています。

看護師の仕事をしながら、食事をするのはハードなので、どうしても家事はおろそかになっていました。

若い頃からずっとなので、あまり料理ができません。

ですので、料理ができるようにならないといけないなと思います。

早期退職をしてお金がないのに、今までのように料理をしなかったら、それこそお金がたまらないと思います。

ですので、自分で作るように料理をがんばりたいなと思います。

また、掃除なども代行にやってもらったりしているので、今まであまりやったことがありません。

それもやめて、自分で何でもできるように準備していきたいと思います。

また、老後のお金もしっかりと貯まるように老後いくら必要か、いくら貯金があればいいのかなど明確に計算したいと思います。

今はお金には困らないと思っているためどんぶり勘定なので、それをしっかりとしたいと思います。

転職するなら医療系→看護師の仕事に疲れたら、接客系の仕事もあり

早期退職後に転職するなら、やはり、医療系がいいと思います。

私は今まで医療系以外の仕事をしたことがないので、医療系の仕事をパートなどでできたらいいなと思います。

ですが、もし、看護師の仕事に疲れて違う仕事をするとしたら、接客系の仕事がいいです。

私はもともと人が好きで人と接したいから看護師になったというのもあります。

もちろん、人を助けたいという気持ちがあるのもあります。

ですので、誰かに接していたいと思うので人と接するような仕事がしたいです。

例えば、レジ打ちもしてみたいですし、飲食店なども興味があります。

今まで興味があったけどやったことがない仕事ではあるので、やってみたいと思います。

人と接することは好きなので活躍できるかなと思います。

ずっと看護師として働いてきたので、ある程度の年齢になったら、まったく違う仕事というのもいいなとは思います。

あまりお給料にこだわらず、自分のペースでできる仕事もいいなと思います。

もちろん、看護師のパートをするのもいいですし、そのときになったら考えていこうと思います。

このように、早期退職という事を知って今まではあまり考えてはいなかったのですが、初めて意識するようになりました。

今までは漠然とできるまで仕事をしようと思っていたのですが、今まで働いてきたので、ゆっくりとした生活も良いなと思い、早期退職もアリという気持ちが芽生えてきました。

まったく働かないのか、転職をするのかはそのときにならないと分からないですが、ひとつの選択肢として考えたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする