システムエンジニアが早期退職なら、同じ業界で働くのは難しい→対個人の取引であれば可能

職業:IT、職種:システムエンジニア、年齢:27歳、性別:女、勤続年数:4年

早期退職の打診は無い!IT業界はかなりの人手不足で求人が常にある

早期退職の打診は無いと思います。

IT業界は、かなりの人手不足です。

私の会社は派遣をメインにやっていましたが、派遣先の都合で契約を切られたことは一度もありません。

そのことから、実力の分かっている、開発経験のある人手を、企業が手放すとは考えにくいと思います。

また、一言でシステムエンジニアと言っても、それぞれに得意な言語や、逆に無知の言語などがあります。

COBOLという言語は特に、年齢の高い人の方が得意だと思います。

システムがWebシステムに移行する中、あまり使われなくなった言語ではありますが、COBOLで作成されたシステムのメンテナンスには、やはりCOBOLを得意とする開発者が必要なのです。

一方で、システムエンジニアは30代後半ほどから価値が下がっていくのだと営業の方から伺いました。

ITの技術は、常に進歩を続けます。

windowsXPのサポートが終了した時、職場では慌ただしく対応に追われました。

セキュリティの為に、システムエンジニアは時代を常に追いかけなければなりません。

変わり行く環境には、やはり若い人材の方が柔軟に対応していくのだと言われました。

それでも、新しく入ってくる年齢の高い方もおられます。

ベターを求められるほど、システム業界は余裕がないのです。

時々、ネットで他の企業の求人を見ることがあります。

システムエンジニアの求人が無い状況を、私は見たことがありません。

年齢制限も、あまり無いように感じます。

どれだけ高齢だったとしても、技術があり、スキルがあるのなら、会社は技術者を手放さないと思います。

早期退職を打診されたら応じる!人生設計を建て直し、よりよい老後を目指す

もし私が早期退職を打診されたら、その時の貯金額にもよりますが、是非早期退職したいと考えています。

頭を使う仕事のため、経験は積み上がっても、能力は年々衰えていくだろうと思っているからです。

また、残業、休日出勤なども多いハードな業界ですので、体力的にも、定年間近となればかなり苦しい思いをすることになると思っています。

仕事の面では、実際私が高齢の方と同じプロジェクトで仕事をしていたとき、ミスや勘違いなどを多発され、とても冷や冷やした思いがあるから、ということも理由として挙げられます。

システムエンジニアとして、チームでひとつのものを作っていく以上、お互いに信頼し、尊敬しあえないとチーム内のストレスもぐっと上がります。

ただでさえ納期に追われているときに、誰か一人、たった一人のミスが発覚し、全てのデータ、プログラムの見直し、なんてことも少なくありませんでした。

私は、定年が業界ごとでないことが不思議でなりません。

むしろ、システムエンジニアという職の定年は、もっと下げられるべきだと思います。

おそらく、それは身体を使う職にもいえることでしょう。

シルバー人材については詳しくはありませんが、高齢だから就職が全くできないことはないので、私は早期退職の打診は前向きに捉えています。

むしろ早めに退職したら、それからの人生設計を建て直し、よりよい老後を目指す余裕が生まれると思います。

ただ、年金制度が不安定になれば、またこの答えも変わるでしょう。

早期退職の対策は貯金!職を持っているうちに引っ越しも行っておく

老後は、自分のためにも家族の為にも、高齢者用のサービスの充実したマンションへの引っ越しを行いたいので、必要経費を計算したり、どこに住むのかを決定したりしたいと思います。

まずはそれに向けて貯金を行います。

退職すると、信用性の必要な引っ越しも大変になると思うので、職を持っているうちに引っ越しは行っておきたいと思っています。

できるだけ、退職後は大きな変化は起こさず、貯めた貯金でささやかな娯楽を楽しめるように、多目に貯金できればなおいいです。

また、必要なこととしては、やはり年金についてはしっかりと調べておくべきかと思います。

どれくらい、いつから貰えるのか、生活は苦しくならないかなど、計算して計画をたてるべきです。

必要であれば、国債を購入することもいいかと思います。

何より安全性が高く、少額ではありますが確実に増えるため、老後の資金の足しにはできると考えています。

早期退職後、余力があれば別の業種で、高齢でもできる仕事を探すことも考えています。

お金が不安になる前に、動くことが大切だと思いますので、その準備は怠ってはならないと考えています。

ただ、ここで選ぶ業種は、自分の体力と相談しながらになることと思います。

求人だけでなく、ネットでその業種に高齢で就職した人の意見を調べるべきです。

退職すると、健康診断も会社から指示されることが無くなります。

なので、会社で健康診断を受けた際に、いいと思った病院は覚えておくといいでしょう。

自分の身体は自分で管理するしかないので、会社にいたときと同様、毎年、個人ででも健康診断を受けられるよう、下調べをしておくとよいと思います。

健康診断を行っている病院は大抵大きいので、かかりつけ医院にしてしまってもよいかもしれません。

会社に勤めることだけがお金を稼ぐ手段ではない→無理のない範囲で個人として活躍

少なくとも、同じ業界で、システムエンジニアとして働くことは難しいと感じています。

しかし、それは対企業の話であり、条件を固定した対個人の取引であれば、その限りではないと思います。

自分で無理の無い納期を設定し、できる範囲を設定し、HTMLなどの、あまり変動のない言語での開発を請け負う、などすれば、退職後も、今まで培ったスキルを生かして、活躍することができると思います。

受注するだけでなく、スキルを情報としてまとめることもできると思います。

むしろ、時間のできた時にしか、これはできないことでしょう。

もしも、画面に向かい文字を打つことすら難しくなれば、年金に頼りながら、趣味の延長でお金を稼ぐ、自分用のシステムを、最後に開発したいと考えています。

幸い、裁縫、陶芸、粘土等、小物作りを幅広く趣味としているので、それらの出品サービスをまとめて管理し、個人として活躍していきたいと思っています。

高齢になれば、会社に出勤し働くよりも、ネットを使って自宅で働く生き方の方が、自他共に良いと思います。

自分の老いのせいで、他人に迷惑はかけたくありません。

不安にさせるだけでも、時にそれはストレスとなります。

年齢に関わらず快適に生きられる社会のために、住み分け、といえば言葉は悪いかもしれませんが、ある程度若い人とは線引きをしたいと思っています。

会社に勤めることだけが、働くこと、お金を稼ぐ手段だとは思っていませんので、もしも自分を伸ばし、活躍したいと思うのならば、私は個人として活動し、お金を稼いでいくことと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする