システムエンジニアが早期退職なら、これまでに培った強みを活かす→貴重な人材として重宝される

職業:タイヤメーカー
職種:システムエンジニア
年齢:26歳
性別:男
勤続年数:2年

早期退職が打診される可能性は低い!年功序列の風潮がある

将来的な会社の業績や時代の流れが変化していくと、早期退職が打診される可能性はあると思います。

しかし、私の会社の業績や経営方針といった現状を考慮すると、数年以内に早期退職を打診される可能性は低いのではないかと考えています。

私の会社では定年後も再雇用という形で数年間は働くことができる制度があります。

そのため、会社の方針的には勤続年数が長い方には会社に残ってもらい、技術や知識の伝承という理由で若手への指導を期待しています。

私の会社はタイヤメーカーということもあり、長年培ってきた知識を基に新しい製品開発が行われ、タイヤの開発は様々な知識が要求されます。

例えば、タイヤの溝幅変化に応じてノイズ性能やウェット性能がどのように変化するのかといったことです。

このような幅広い知識を習得するには様々な部署を移動し、長い年月をかける必要があります。

となると会社的には必然的と勤続年数が長い従業員を重宝するようになります。

昇進の形態も年功序列の風潮があるので、若手が早くに昇進するということは滅多にありません。

そのため現状では早期退職を募って、投資資金を確保するであったり、若手の数を増やすことでイノベーションを起こすという方針ではないと感じています。

勤続年数が長い課長、部長クラスの人は居心地が良いと思いますが、若手である自分はどんなに頑張っても昇給や昇進があまり期待できないため早期退職者を募ってほしいと思っています。

早期退職を打診されたら承諾する!簡単には手放さない人材となる

早期退職を打診されるということは勤続していた企業からの戦力外通告なので、潔く承諾し、新たな業界へ移ることを決めます。

なぜなら、早期退職を打診されているのも関わらず、承諾せずにその企業に残っても居心地が悪くなり、結局は自分の居場所が無くなることが十分に考えられるためです。

転職後は年収が落ちることや上手く転職活動ができないことに不安を感じることがあるかもしれません。

特に結婚している人、住宅ローン、自動車ローン、子供が高校生や大学生になり、まとまったお金が必要だという人は特にそのように感じるでしょう。

企業の急激な業績不振といった予期せぬ災いにより退職を余儀なくされることは不運であり、仕方ないかもしれません。

しかし、企業が順調もしくは業績が下降気味というときに早期退職を打診されるということは個人のこれまでの行いが大きく影響しているのではないかと思います。

会社の戦力となり、業績を上げることや結果を出すだけの能力がある人材は会社も簡単には手放さないでしょう。

早期退職を打診される人は概ね、現状に甘え、自分を高める努力をせず、他の業界でも通じる知識やスキルをこれまでに身に付けてこなかった人だと考えられます。

そのようにならないためにも、できることをずっと繰り返すだけの仕事ではなく、自分を常にアップデートすることを心掛けて、様々な業界知識やスキルを幅広く捉えられる人材になることが新人の頃より大切だと考えています。

早期退職の対策は、新たな知識やスキルを身に付けることで将来に備える

多くのビジネスマンは終身雇用を信じ、上司の言いなりとなり、指示されたことさえ実行していれば、退職を余儀なくされることはありませんでした。

しかし、近年は世の中の考え方や傾向が数十年前のものとは大きく異なるようになり、多くの企業では早期退職者を社内募集するようになりました。

昔は当たり前であったことが今では全く通用しない時代です。

最近ではパワハラ、セクハラ、暴力といったことも時代と共に認識のされ方が変わってきました。

では、早期退職に関してどのような対策があるでしょうか。

早期退職というワードを巷で耳にするようになり、現状とは違うことをしたり、資格取ろうと決意する人が増えてきました。

そのためテレビ、本屋、Youtubeといったメディアでは知識を向上させるような情報発信が増加している。

しかし、結局仕事へ行き、疲れたことを理由に何もしないのが大多数の人です。

皆が何をしなければいけないのかは理解しているはずです。

自己啓発本やビジネス書を読書することでビジネスをする上での能力を向上させることや英語、プログラミング、会計士といった資格を取ること。

これらは早期退職に対する十分な対策となります。

総じて言うと、他業界でも通用する知識やスキルを身に付けることが対策として挙げられます。

今の会社に長く在籍し、安定した生活を送っていると考える力が衰え、早期退職の打診といった個人の危機的状況に対処できなります。

そのため、安定している時こそ違うことに目を向け、新たな知識やスキルを身に付けることで将来に備えることが非常に重要であると考えてます。

最近ではフリーランスとして生計を立てる人々が本当に増え、フリーランスを輩出するためのセミナーや塾も出てきました。

企業にしがみつくことや経営者になることだけが稼ぐ道ではないことを知り、フリーランスになることは今の時代の流行になっています。

転職後に活躍するためには:①培った強みを活かす②同様の業界に転職する

転職するとなると同年代よりも転職後の会社では出遅れてしまうことになります。

また、転職後は優秀な年下の先輩が数多くいることかと思います。

年齢がある程度高い方だと何でもできるように思われ、入社後の期待値が新卒の方に比べて非常に高くなっています。

そのため、新卒の新人がミスをしても怒られないようなことでも、転職者は怒られ、評価が簡単に下がってしまいます。

一度落ちた評価を取り戻るのは困難となることでしょう。

そのような人材が多く存在する会社で、転職後に活躍するためには以下の2点のことが考えられます。

まず1つ目は、自分がこれまでに培った強みを活かせるかどうかです。

つまり、転職前の業界知識やスキルを十分に発揮し、自分にしかできないことや考え方をアウトプットしていくということです。

転職後の会社にいる人は基本的には会社が属する業界のことは精通していても他業界の内情はほとんど知らないはずです。

そのため、転職後の業界のことを学び、新たな知識とこれまでの知識を結び付けた成果をアウトプットできれば十分に評価され、貴重な人材として重宝されるようになるでしょう。

2つ目は同様の業界に転職するということです。

同様の業界ならば業界全体に関する知識は大きく異ならないはずです。

会社ごとの方針や社内用語を覚えることができれば、これまでと同様に活躍できるのではないかと思います。

同様の業界への転職は同業他社の情報を持っていることから非常に重宝され、特に活躍できる環境ではないでしょうか。

さらに同じ業界でも会社の内情を知っていくことで全く違うと実感し、さらに勉強できることがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする